ライムライトの仕事部屋

新たなカテゴリーを追加します

ブログに新たなカテゴリーを追加します。じつはこのブログをはじめたもう一つの目的がありまして、当初はもっとこのブログが普及してから発信していこうと思っていたのですが、進路変更して近日中にアップすることにしました。
ライムライトの仕事部屋

なぜ、今ブログなのか②

今回はブログ以外の情報発信メディアを僕がどう捉えていて、ブログとどのように絡めていくつもりかを書きました。
ライムライトの仕事部屋

なぜ、今ブログなのか①

あまたある情報発信手段の中でなぜ僕が、ブログという発信手段を選んだのかについて書きました。これから先、AI技術の発達によりブログに氷河期が訪れるにもかかわらず、です。
ライムライトの仕事部屋

親の仕事にどう関わるか④

最初に僕がバレエ教室の運営に関わったのは連絡網の構築でした。オンラインレッスンを始めるにあたり、生徒への連絡手段を確認したところ、電話での連絡方法しか存在せず、Emailアドレスも知らないという自体が判明しました。
ライムライトの仕事部屋

親の仕事にどう関わるか③

最初に僕がバレエ教室の運営に関わったのは連絡網の構築でした。オンラインレッスンを始めるにあたり、生徒への連絡手段を確認したところ、電話での連絡方法しか存在せず、Emailアドレスも知らないという自体が判明しました。
ライムライトの仕事部屋

親の仕事にどう関わるか②

僕がバレエ教室の運営に関わるようになったきっかけは、新型コロナウイルスの蔓延に伴う緊急事態宣言でした。多くの教室が休業を余儀なくされる中、オンラインでのレッスンを提案しました。
ライムライトの仕事部屋

親の仕事にどう関わるか①

承継する予定の仕事にどう関わっていくのか。一番初めの入り口って大事ですよね。僕にとっての最初のきっかけは、父の舞台に映像スタッフとして関わったことでした。
ライムライトの仕事部屋

バレエ業界について

2021年に行われた全国調査を元にバレエ業界の現状を掘り下げていきます。バレエと関係のない業界の人にも、これを読めばバレエ業界の現状が分かるように紹介していきます。
ライムライトの仕事部屋

バレエ教室について

1935年に祖父が開設し、両親が引き継いでから長い歴史を持つ実家のバレエスクール。ダンサーではない僕が仕事を継げば、これまでとは全く異なる役割分担になると思います。バレエと関係ないお仕事の方にも、何かの参考になれば。
ライムライトの仕事部屋

自己紹介④

「ウチの家業は父の代でおしまいなんだ。」そう考えていたのですが。30代後半にバレリーナの妻と結婚して、新たな道が開けました。僕たちを結んだキューピットは実は父親だったのです。